乾燥肌 予防

乾燥肌からぷりぷりのベイビースキンへ ‐乾燥対策と予防について‐

肌の老化や法令線やその他もろもろのお肌のトラブルは、基本的に保湿をキチンと回復させれば元々持っていた本来の力が戻ってくるようです。細胞レベルの保湿を保つ事で、シミの原因と成る色素沈着やありとあらゆる面倒な敏感肌が持つトラブルから遠ざかる事が可能です。

女性の肌は朝晩の洗顔とお化粧でダメージが少ないとは、決して言えません、紫外線や冷暖房、そこに通常の季節の変化とそれに伴う湿度や乾燥もダメージと負担をかけるようです。

肌がくすんでくるとどうしてもお化粧でごまかさないと手が打てません。お化粧でキラキラパウダーでキレイにしてみても、これもお化粧落しでテッシュでこすったり、洗顔クリームで洗ったりしなければいけませんから、お肌が実は結構カワイソウなコンデションかもしれません。

◆ぷりぷりベイビースキンへの道

お顔が乾燥しているのは肌の表面の角質が元気なくなっている状態です。コラーゲンもへろへろになっているので弾力を失いパリッとした肌ではなく、悲しいげっそりした萎れた花のような状態です。

基本的に角質の細胞に十分な保湿をし、回復させることがゴールです。それを継続して元気をつけてやれば、透明感の有る透き通ったプルツルお肌に戻る事が出来ます。

◆サテ現実問題としては

乾燥している状態では肌が刺激に敏感に反応しますから、保湿にポイントを置いたお手入れに変えるだけで、簡単にUターンが可能です。

乾いた肌を一晩中、潤い成分を角質の深部まで浸透させる天然の薬草成分とバリヤ機能を保ち、蛋白質を構成しているアミノ酸を補充し細胞に元気をださせます。

一番簡単に効果がわかるお試しセットで一晩じっくり保湿してみてください。

お試しセットなら手軽な値段で、どこまで効果があるのかを実地で試す事が出来ますから経費節約、時間節約に成ります。

◆乾燥を予防するには

乾燥は肌の角質層がぷるぷるならコラーゲンがプルプルで、ちっとやそっとの刺激では細胞レベルの乾燥には成りません。

日々のお手入れを保湿に重点を置いて、シンプルに継続すると肌を作っている細胞のターンオーバーが正常に戻り、肌自身の本体持っている回復力とバリヤー機能が回復して、自然に肌は健康に成ります。

メニュー